平成27年1月1日より相続税の法改正(お持ちの資産の相続税対策 大丈夫ですか?)


【法改正】平成27年1月1日より相続税の法改正で相続税の最高税率が50%から55%(6億円超の部分)、

2億円超3億円以下の税率が40%から45%に引き上げられます。
また、基礎控除が4割縮小されます。

(3000万円+600万円×法定相続人の数)


 高齢化社会、富裕層に対する課税強化、資産再配分機能の回復、という方向性の中で、

相続税の最高税率のさらなる引き上げに留意が必要です。


【Q.】以前、新聞で「都心の住宅、子に負担」との見出しを見ました。昔から都心にお住いの方には相続税は

心配な問題ですね。


そこで、相続に不安はあるものの具体的にどうすべきなのでしょうか?








【A.】まず最初に「財産リスト」を作成してみましょう‼

土地・建物・預貯金等がプラスの財産で、借入金等が

マイナスの財産です。


注意していただきたいのは、生命保険や死亡退職金等の

「みなし財産」も
プラスの財産に含まれる点です。


土地は国税庁ホームページで自宅の路線価地図を調べれば

1平方メートルあたりの千円単位価格が


確認でき、建物は市区町村から送られてくる固定資産税

の納付書に価格が記載されています。


この「財産リスト」で基礎控除額以下か?以上か?を確認でき、

節税対策の方向性も決まってくるのです。

相続税対策は、いつでもできると思って遅くなりがちですが、

10年から15年の期間で財産を計画的に、かつ贈与税を最低限の

負担で済むようにプランニングすれば、

大きな節税効果が期待できます。


相続が開始されると3年間にさかのぼって、

贈与の時点で贈与税を課税するほか、相続財産に取り込んで

相続税を課税することに
なっています。

お心あたりの方で相続対策で困ったら当社に相談して

みてはいかがでしょうか?


適切なアドバイスや今後の資産の活用などご提案いたしますよ♪♪

株式会社情報サービス福岡 
     空家・空地対策事業部


フリーダイヤル:0120-812-272


  • 画像リンク

    誰も住んでいない家・不動産の問題解決はおまかせください!!

  • 画像リンク

    様々な不動産物件多数掲載中  (^^♪

  • 画像リンク

    あなたの不動産、今、いくらで売れる?

  • 画像リンク

    不動産情報をチェク(^^♪★⌒(@^-゜@)v ヨロシクネ♪

会員登録された方には、新着物件情報及び訳あり物件等を弊社よりお知らせします。お気軽にご登録下さい。

会員登録された方には会員限定の物件情報を弊社よりお知らせします。お気軽にご登録ください!

会員登録する(無料)

簡単登録!情報入手!
登録フォームより登録申請